【イベントレポート】CO-NIWAマルシェ5月(2022/5/28開催)

当法人としては2週連続のイベント開催となった5月28日。
5回目のCO-NIWAマルシェが実施されました。

今回の出店者さんクローズアップは…。
青葉区における地産地消の取り組みの先駆け的な存在、キッチンカー『コマデリ』の小池一美さんです。青葉区中心に、広く横浜市内で活躍されています。

イベント出店のほか、曜日によって美しが丘西郵便局やあざみ野フォーラム、青葉区役所などでお弁当の販売をなさっています。コロナ前まで美しが丘公園で行われていた『軽トラ元気市』でおなじみの方も多いのでは?

『コマデリ』出店スケジュール↓
https://koikehitomi.com/services/comadeli/#schedule

小池さんは、横浜市が推進する地産地消活動「はまふぅどコンシェルジュ」に参加する中で地域の人たちと出会い、青葉区の食と農と人をつなぎ、いろんな縁をコマのようにクルクルとまわしていきたいと考えて、2014年からキッチンカー『コマデリ』をスタート。

看板メニューの「塩ブタBOX」、自家製の塩麹に漬け込んだ神奈川県産の豚肉はやわらくてジューシー。ココナッツベースのオリジナルカレーに季節の野菜をたっぷり添えた「コマロコカレー」もやみつきになるおいしさで、CO-NIWAマルシェでもどちらにしようか迷う人の姿をよく見かけます。

キッチンカーでお料理を提供するだけでなく、直接農家さんに足しげく通い、食と農から生まれた様々な活動を展開している小池さん。
なでしこリーグ1部日体大SMG横浜のクラブメンバーとお味噌づくりをしたり、はまふぅどコンシェルジュのお仲間と「あおばアグリケーション」の名でも地産地消活動を行っています。

CO-NIWAマルシェでも、ここで出合った『なないろ畑』さんの野菜に惹かれ、さっそく圃場に出かけ、収穫したお野菜を使った『なないろ畑スペシャルのお弁当』を販売しています。CO-NIWAマルシェならではのお弁当、ぜひ買いにいらしてくださいね。

【5月の出店】

   ・なないろ畑 (無農薬・無化学肥料の野菜)
   ・aikoflorist & favori (生花/加工花・アクセサリーとワークショップ)
   ・コマデリ(地産地消キッチンカー) 
   ・たまプラーザハンドメイドマルシェ事務局(ハンドメイド品)  
   ・横浜ミルクセンター(射的)
   ・ヴィリング (子ども向けプログラミング ワークショップ)

今月から、CO-NIWAたまプラーザに開業した学童保育事業者のヴィリングさんも出店メンバーに加わりました。ヴィリングさんは当エリアマネジメント法人の会員でもあります。初回はお子さん向けプログラミング体験を無料で行っていました。

出店者&ボランティアの皆さん

6月のCO-NIWAマルシェは6月18日(土)の開催になります(10時から16時)。お散歩がてらお立ち寄りください!

ボランティアで会場設営、撤収のお手伝いくださる方、会場装飾のPOPなどの制作が得意な方も引き続き随時募集しています!
お気軽にお問合せください。(お問合せ先:エリマネ事務局 info.dwta@gmail.com)

(一般社団法人ドレッセWISEたまプラーザエリアマネジメンツ 事務局)

たまプラーザのエリマネ活動

一般社団法人ドレッセWISEたまプラーザエリアマネジメンツは、CO-NIWAたまプラーザを拠点に、エリアマネジメント活動を展開する非営利型一般社団法人です。地域課題の解決やにぎわい創出に取り組んでいます。